Astro Arts

真昼の月

ある晴れた冬の日。

昼間から月がその姿を見せていた。

昼の月はいつも幻想的。

SONY DSC

 

別の星に来たような気がするし、

太陽が二つあるみたいにも見える。

 

地球に衛星があってホントによかった。

天体ファンの入り口になってくれる星。

2014-02-20 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery6 Comments » 

 

バーナードループ

もう、ずっとずっと、ずーーーーっっっと撮りたかった天体。

初めて天体写真の本を見た日からいつか絶対自分でも撮りたいって

ずっと思ってた星雲。

だって、バーナードループは大好きな天体「オリオン座」を

オリオン大星雲、馬頭星雲まで含めて全部を一つにする奇跡の天体。

ボクにとっては特別だったんです。

バーナードループ

 

バーナードループはオリオン座全体に羽衣のように巻き付く巨大な散光星雲。

この星雲は同じオリオン座の馬頭星雲やオリオン大星雲(2つとも右側の

紅いお皿の上にのったように見えます)を含む巨大なオリオン座分子雲の

一部を構成している。

 

視直径 10°x 15°

地球からの距離1600光年。

 

下田に行って撮れたものの中で、アンドロメダと同じくらい嬉しかった天体。

2014-02-17 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery4 Comments » 

 

ラブジョイ彗星ver.3

昨年末の下田ツアーで最も真剣に撮っておきたかったのは

何度もトライしてきたこのラブジョイ。

ラブジョイ彗星ver.3

 

だから東の空が”バーン”と開けていて仰角が0°まで見渡せる

空気のきれいなところ。そういうところに1度行きたくて下田を

選びました。

 

流石に東は全部海の下田。ちゃんと期待に応えてくれる雄姿を

見せてくれました。

このコはアイソンが消滅して落胆した多くの天体ファンを

充分楽しませてくれています。

 

う~~ん、グリーンのイカす奴だぜぃ!

2014-02-16 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery6 Comments » 

 

M81(ボーデの銀河)とM82

おおぐま座にある渦巻銀河、M81(腕が見える方)と葉巻型に見える

横長のM82。

M81_M82-2

 

1774年にボーデによって同時に発見された。

しかも、M81は回転していることが初めて証明された銀河でもある。

 

また、M82は実際は棒状銀河を横から見ているものであり、

横長化自体はM81に近づき過ぎたためにスーパーバーストが

引き起こされ、中心部から極方向に向かって電離した水素ガスが

噴き出しているためとされる。

 

正面と真横、セットで見える楽しい天体です。

 

M81

直視系  21′ x 10′

地球からの距離 1200万光年

 

M82

直視系  9′ x 4′

地球からの距離 1200万光年

2014-02-15 | Posted in Astro Arts, Blog, GalleryNo Comments » 

 

M64 黒眼銀河

銀河シリーズ続きます^^;;

かみのけ座にある銀河。

渦巻銀河の中心核の手前にはっきりとしたダークレーンを持っているのが特徴で

この写真にも”かろーーーじて”写ってる。

黒眼銀河-1

 

最近の観測から外縁部分にある星間ガスは内側とは逆方向に回転していることが

明らかになっていて、これは過去に2つの銀河が衝突合体した名残ではないかと

考えられている。

衝突した小さな銀河は完全に破壊されたらしい。

 

視直径 9′ x 5′

地球からの距離 1600万光年。

2014-02-14 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery6 Comments » 

 

回転花火銀河 M101

M101 はおおぐま座にある渦巻銀河。

M101-2

 

本当はコンポジットして、腕をもっとハッキリ見せたかったんだけど、

赤道義のご機嫌がだいぶ斜めで流れちゃって、コンポジットできず、1枚もの。

ん~~、やっぱ薄いなー。

 

視直径は27′ x 26’。

地球からの距離2700万光年

2014-02-13 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery4 Comments » 

 

M33 さんかく座銀河

さんかく座に位置し、局部銀河群を構成する渦巻銀河の一つ。

M33

 

地球からの距離は238万~307万光年とされており、もし、

254万光年よりも遠ければあのアンドロメダ銀河を抜いて

肉眼で見る最も遠い物体だそうだ。

まあ、なかなか肉眼でなんか見えませんけどね・・・。

 

さんかく座の直径は約5万光年。

どれもスケール、でかいっす。

2014-02-12 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery2 Comments » 

 

M1 かに星雲

おうし座にある超新星残骸で、現在も膨張を続けており、

中心部には「かにパルサー」と呼ばれるパルサーの存在が確認されている。

M1 かに星雲13-14ver

 

記念すべきメシエ天体の”1″番を飾る。

今度撮る機会あればこれは1800mmで撮りたいな。

かにパルサー狙いで。

 

半径5.5光年。

地球からの距離7000光年。

 

2014-02-11 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery6 Comments » 

 

オリオン大星雲 13-14 ver.4

定番ものも撮ってきました。

オリオン大星雲13-14 ver.5

 

やっぱりディテールの情報量が多いです!

これも実は1枚もので、コンポジットではありません。

 

やっぱり澄んだ宇宙(そら)最高!!^^

2014-02-10 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery2 Comments » 

 

クリスマスツリー星団

再び下田シリーズです。

クリスマスツリーと言うとちょっと季節ズレてる感ありますが、

その辺はご容赦を^^

クリスマスツリー星団

 

いっかくじゅう座S星付近に広がる散開星団。

コーン星雲なんかも含めてNGC2264と呼ばれてます。

 

地球からの距離2,400光年。

ずいぶん遠くにあるクリスマスツリーですね♪

2014-02-08 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery4 Comments » 

 

馬頭星雲 13-14 ver.2

下田シリーズ。

定番の馬頭も撮ってみました。

馬頭星雲13-14 ver2

 

やっぱり鮮やかに写ってくれます^^

紅い背景も馬頭のエッジもクリアに出ます。

楽しいなー。

こういう場所での撮影は~☆

天体で最強の武器はやっぱり環境ですね。

それを痛感した2日間でした・・・。

 

2014-02-01 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery4 Comments » 

 

勾玉星雲

今日は下田で撮った勾玉星雲(IC405)。

その形が歴史の教科書なんかに出て来る「勾玉」に似てるので、

日本ではこの名前で知られています。

勾玉星雲2013.12

 

ちょっとこの時間、赤道儀の機嫌が悪く、一部流れてますが、

形は割としっかり出ました。

 

視直径が37’ x 19’と結構大きめです。

地球からの距離1,500光年。

2014-01-30 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery4 Comments » 

 

ただいま!!

長らく入院し、ご心配を頂いたり、皆さんのブログへも訪問することも出来ず、すっかりブログの世界から遠ざかってしまいましたが、打たれた点滴合計22本、様々なな検査を受けてようやく退院し、自宅療養に入りました。

体調も病み上がり状態から、徐々に徐々に普通のレベルに戻って来ました!

 

これからkonnyブログもちょっとづつ再開します!

あー、なんかこうやってコメント書いてるのもなんか懐かしい・・・^^;;

 

そんなわけで、復帰一発目は「木星」。

木星

500mmでも白く輝く木星とその衛星が確認できます。

ただ、木星特有の縞模様となると、どうしても拡大撮影が必要になり、

かつシーイングが良くないとユラユラと陽炎のように見えます。

 

これは下田に行った時の物で、天体用語でいうところの「180倍」で撮影しています。

まあ、エッジも甘いですし、モワッとしてますが、なかなか首都圏ではここまでは

映りません。久々の拡大撮影で興奮しました!

 

何はともあれ、ご心配をおかけしましたが、今日から復活です^^

2014-01-28 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery6 Comments » 

 

M78 散光星雲

M78と聞いてまず思い浮かぶのは「ウルトラの星」。

M75

 

見た目はこんな感じで「光の国」というイメージはない。

どちらかと言うと黒いガスに包まれたひっそりとした

星雲に見える。

ちなみにM78自体は真ん中の星雲で、左上にある星雲はNGC2071。

 

地球からの距離1600光年。

ウルトラマンはこんなに遠くから地球を守りに来てくれてるんだねー♪

2014-01-18 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery4 Comments » 

 

ばら星雲

これは、以前にもここにアップしたことのある星雲だが、

首都圏で撮ったそれとは全く鮮明度が異なる。

ばら星雲2013.12

 

紅い部分と暗闇の部分が綺麗に分離され、鮮やかなバラと

なっている。

あー、何を撮っても、ここは天国だー!

下田、すげー!

 

地球からの距離5000光年、実直径130光年と巨大な星雲

2014-01-17 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery9 Comments » 

 

M45 プレアデス星団 -昴-

昴自体は首都圏でも映ります。

ただ、星が写るだけで、星の周りの青白いガス

までは写らない。

プレアデス星団(昴)

 

この写真も完全ではないが、初めてガスを写し撮ることが

出来た。やっぱり昴はこうでなきゃ!!

2014-01-16 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery7 Comments » 

 

M31 アンドロメダ銀河

下田で撮れた物のうち個人的に感動したものの大きな一つ。

これまで首都圏近辺で何度撮影を試みるも、真ん中の明るい部分は写るが、

肝心の銀河の腕が一度も写ったことがなかった。

それが、ここ、下田では、こんなにハッキリと!

アンドロメダ大銀河

 

黒い二本の筋もはっきりと映り「ああ、やっとアンドロメダが撮れた!!」

と個人的には真っ暗な駐車場で大喜びした一枚です。

 

天体やってて、これを撮ったことがないという悔しさを一気に晴らしてくれました!

下田、最高!!

2014-01-15 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery6 Comments » 

 

旅 -モルディヴシリーズ-

そして天の川。

太陽が完全に沈むと漆黒の闇が訪れます。

でもそれは、夜空が満点の星で覆われることも意味します。

ここでは天の川を撮ることなんて、誰にでも出来ます。

空に向かって数秒シャッターを開けばいいんです。

天の川2

 

あ~、星って良いなぁ。と、この時思ったのかもしれません。

これはボクが望遠鏡や赤道儀を手に入れる前の旅。

天の川がこんな風に見える事の凄さもあまり分かっていませんでした。

逆に分かってたら、一晩中星を見てて、大事にな昼に寝ちゃうところでしたが・・・^^;;

2014-01-12 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery7 Comments » 

 

月の路

昨日の朝日に続き、下田の海に長い白銀の光の路を落とす月。

この日の月は明け方近くになって登って来た。

さえぎる物のない水平線に浮かぶ月は

幻想的で、どこか別の星に来たような不思議な気分にさせる。

この日の月はとても細く、儚げだったが、4秒のシャッターによって

地球照も含めて満月のように見える。

SONY DSC

 

今年もまた月をたくさん撮るんだろうな。

2014-01-01 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery4 Comments » 

 

金星

金星

これ、普通に月のように見えますけど、実は金星なんです。

金星も満ち欠けがあって、2日前ですがこんな感じでした。

今は太陽が沈んだ後、西の低空の空に見える時期で、我が家の庭からは

ほんの少しの間しか見ることができないのですが、この日は昼間に

ファインダーの調整をしていたのでタイミング良く撮れました。

 

このところ夕方に家路に着くと、いつも金星がビカビカに輝いていて、

気になっていたので1800mmの直焦で。

もうちょっと条件の良い時に拡大にもチャレンジしてみようと思います。

2013-12-26 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery6 Comments » 

 

ラブジョイ彗星とふたご座流星のランデブー

流星を撮りに行った日、西側と南側には広角を1台ずつ、東側には赤道儀と500mmをセットして、ラブジョイも撮ってた。

まさか、そんなものが撮れるとは思わずに。

でも一枚だけあったんです!!

ラブジョイ彗星とふたご座流星のツーショットが!!

ラブジョイとふたご座流星

 

そもそも、流星を写し込むこと自体、結構な確率との闘いなのに、彗星とこんなに

近くで並んで映るとは!!

ラッキーでした~☆

2013-12-20 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery6 Comments » 

 

2013年 ふたご座流星群 ver.2

ピークである14日未明、ラブジョイを撮りながらの

合計3台体制で臨んだ。

千葉方面の空気の綺麗なところに行ったこともあり、

肉眼で流星は十個以上は確認できた。

SONY DSC

 

これは西の方に向けていた火球を8枚コンポジットした物。

(右下にオリオン座が見えます)

途中までかなり明るい月の影響があったにも関わらす、

ふたご座流星群、本当に毎年楽しませてくれる。

素晴らしい流星群だ。

2013-12-15 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery4 Comments » 

 

馬頭星雲13-14 ver.1

いよいよ今年も馬頭星雲が撮れる季節になりました!

オリオン大星雲のすぐ隣にいる馬頭星雲。

水素ガスが電離して赤く光った背景の前に塵で出来た

馬の頭の形をした塊。

馬頭星雲13-14 ver1

 

何度観ても不思議な天体。

この日は光害地としては澄んだ方だったので、

まあ、なんとかこんな感じに映りました。

赤道儀+IR改造+500mm望遠で60秒x5のコンポジット。

1800mmだと全体が収まらないだろうーなー。う~~ん。

2013-12-07 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery4 Comments » 

 

細き月

昨日の地球照の日の月を絞りで絞って、月の影の部分を消しこんで

撮ったバージョンです。

やっぱり新月に近い月って独特な雰囲気があって好きだなー。

細い月 

 

満月の様な幸福感とは違う、緊張感みたいのがあって。

 

あ、昔の映画で「ペーパー・ムーン」とかこんな月に座ってましたね。

ライアン・オニールとテイタム・オニールが。

2013-12-03 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery4 Comments » 

 

地球照とスピカ

昨日アップしたラブジョイを撮りに行った日。

明け方が近付く頃、月齢26.6の細い月が昇ってきました。

地球からの太陽光の照り返しを受けて、月の影の部分まで見えています。

これを地球照というのですが、さらにスピカ(画面上部に光る点)

とも接近していて、なんとも不思議な光景を見せてくれました。

地球照とスピカ

 

寒いけどこの季節は星が綺麗で良い季節だ~!

2013-12-02 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery4 Comments » 

 

ラブジョイ彗星ver.3

アイソンは既報の通り、残念な結果になってしまいましたが、

こちらのラブジョイ彗星は元気でした!

東京から久し振りに富士山が見えたので、チャンスと思い、千葉県方面まで行って来ました。

やっぱり、首都圏でも海の方に向かうと光害も減り、星の輝きが全く違います。

ラブジョイ彗星ver3

 

うちの近所ではほとんど見えない尾の部分が、ほんのり見えます^^

やっぱり、彗星はこうじゃないとなー。

 

アイソンの分まで楽しませてくれよ~、ラブジョイ君!

2013-12-01 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery4 Comments » 

 

アイソン彗星に関する悲報

先日あたりから騒ぎになっているので、ご存知の方も多いかと思いますが、

今年最後にして最大の天体ショーになることが期待されていたアイソン彗星が

太陽に最も近づく(近日点)を迎え、太陽にあまりに近過ぎたため、どうやらほぼ完全に

消滅(蒸発)した模様です。まあ、小さな破片は残っているかもしれませんが・・・。

いずれにしても待っていた来月からの長い尾を伴っての再登場~高度UPといった夢のような

シーンを目にすることは出来なくなってしまった模様です。

とても、とても残念です。

もちろん、これも自然現象ですから、そうしたことも含めて宇宙の現象なのですが、

一年間待っていた姿だけに世界中の天文ファンが落胆しています。

ボクは近日点前に一度撮影にトライして、幸運にもそこそこ映すことが出来たので、追悼の意を込めて

再度アップしたいと思います。

アイソンver1 

 

長い尾をたなびかせ、東の空に眩しいほどの輝きを放ちながら飛ぶ、その有志を一目見たかったよ。

さようなら、アイソン。

2013-11-29 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery4 Comments » 

 

ラブジョイ彗星ver.2

このところ空の条件もあるのかもしれないけど、増光している

様に見える。微かだけど、こんな光害地でも肉眼彗星って

ギリギリ言える明るさに見える。

ラブジョイ彗星ver2

 

メインのアイソンは近日点をもうすぐ迎える。

太陽に隠れてしまったアイソンの姿は11月中はもう見えない。

12月に再度高度を上げ始めた時が絶好期になるはず。

長い尾が見えると良いなー!

2013-11-26 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery4 Comments » 

 

月齢18.6の月

彗星を撮りに行った明け方、もうすぐ夜明けを迎える直前の月。

沈む直前なので、横ではなく、下の方が欠けて見える。

何か不思議な感じだ。

2013.11の月

 

それにしてもラブジョイは明るくなったなー。

なんとか肉眼彗星って言えるレベルかも。

 

PS

このサイトを始めて約半年になりますが、Pageviewが30,000を超えました。

なんかこんな写真でもいろんな国の人がアクセスしてくれていて、どんな風に思われてるかは

分からないけど、なんか嬉しいです。

これからも拙い写真ですが、頑張りまーす♪

2013-11-23 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery4 Comments » 

 

オリオン大星雲13-14 ver.3

今シーズン3回目のオリオンは1800mmではなく、

500mmの望遠で広めに狙ってみました。

この画角、まだ望遠鏡のない状態で、赤道儀に

デジ一と望遠を乗せて撮影してた頃を思い出す

懐かしの組み合わせ!

オリオン全体はもちろん、その周りの星々まで入るので

好きなフレーミングです。

オリオン大星雲13-14 ver3

 

やや雲が多く、黒はしっかり沈みましたが、赤が

その分パワー不足かなー。

 

やっぱり飽きない天体です!

2013-11-18 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery4 Comments » 

 

1 / 3123