Blog, Gallery, Nature

鬼の洗濯岩

ボクは元々、博多で生まれて博多で育った。

そして、ボクが就職と同時に上京した後に、実家が父の仕事の都合で宮崎に移住。

それからずっと宮崎に。だから、帰省、とか里帰りとか言われてもピンと来ない。

全然知らない土地だし・・・。

でも、宮崎は自然がダイナミックで、日本の他の地域のそれとは異なるスケールを感じる。

一度、宮崎でサーフィンやったこともあるけど、波の大きさもパワーも湘南とは桁違い。

スコールの降り方もハンパじゃないし、台風も凄い。

そんな自然の荒々しさの象徴の一つがこの鬼の洗濯岩。

元は山だった場所が沈降して海に浸かり、波に侵食され、わずかに隆起した部分が洗濯岩状になったらしい。

 

(全景)海岸沿いの道路付近から見ると、こんな感じ。

 鬼の洗濯岩_1

 

(拡大)洗濯岩だけにフレーミングすると、こんな感じ。

あまりの規則性に自然が作り出したとは思えないほど。自然って不思議だ。

 鬼の洗濯岩_2

 

(侵入)洗濯岩の中に入って、岩を撮ると、こんな感じ。

中に入ると、上から眺めていたのとはだいぶ異なる世界が広がる。

岩の一列ずつが、スキーのジャンプ台の様な、エアコンのルーバーの様な角度で、ゴツゴツした岩で構成されている。

 鬼の洗濯岩_3

 

あ~、たまには実家、帰らないとなー。

個人的にはモチベーション沸かないけど、親孝行のため、かな。


2013-09-05 | Posted in Blog, Gallery, Nature6 Comments » 

コメント6件

 えむ | 2013.09.06 9:17

こんにちは。

かっこいい〜!

こんな景色があるんですね。
海も色々で面白いです。

ま、モチベーションはわかなくとも
ご両親 きっときっと喜ぶと思いますよ^^

 konnyphoto | 2013.09.06 9:53

えむさん
おはようございます。

ここは自然の力強さを見せてくれるかなり特別な場所です。こういう地形はあまりないので。

もし、宮崎で生まれ育っていたら、全然違う人生になったんだろうなーとか漠然と思います。

そーですね、両親のためにもたまには帰らないと、ですね^^

 micchi+ | 2013.09.06 15:48

konnyさん、こんにちは。
わ~すごいですね。
自然の不思議を感じます。
時間をかけてこの形になっていったんですね。
今日のお写真もかっこよかったです^^
このいわのごつごつ、旦那しゃんがみたら
またまた大喜びだろうなぁ~w

ご両親、きっと待ってますよ^^
元気な顔を見せてあげてください。

 plumerian | 2013.09.06 16:59

konnyさん、博多だったんですね。

私は一度だけ行ったことあります。
日本の大都市と言われる街の中では
東京の次に好きだ!って思いました^^

宮崎には行ったことないんですけれど
南国~っていうイメージがあって
憧れています^^

 konnyphoto | 2013.09.06 19:42

micchi+さん
こんばんは。

そーですよねー!旦那しゃんは地学の専門家ですもんね!ボクから見たら「岩」でしかないけど、きっと、何か特別な経過を経た岩なんでしょうね。
早く元気になって写真見てもらいたいです!

そーですね、仕事はいつも忙しいですが、どこかのタイミングで帰ろうかなーと思ってます。

 konnyphoto | 2013.09.06 20:10

plumerianさん
こんばんは。

そーですか!博多気に入って頂けましたか!!なんか今や遠くにある街ですが、自分のことのように嬉しいです!
離れてみて初めて分かるのですが、海も山も街も全部がギュッと近くに凝縮されていて、食べ物も美味しくて、博多は良い街です^^

宮崎は~~~、なんていうか、もう東南アジア的な気候と人柄?
の~~~~~んびりしてて、人も少なくて、リタイアした後に暮らすには良い所かなーって思います^^

Comment





Comment