Astro Arts, Blog, Gallery

愛機 Nikon D90最後の仕事

先日、このブログにも書きましたが、一番長く使い込んできた愛機D90が突然の雨により冠水し、現在修理に出していますが、メーカーが盆休みのため、修理が止まっていて結果はまだ分かりませんが、恐らくは2号機であったCanon X5(天体用IR改造機)と同じように、修理不能との判定が出ると思います・・・。

そもそもは、その日、みずがめ座流星群の名残の流星が撮れそうだったので、撮影していたのですが、D90が最後に成し遂げた仕事は意外にも国際宇宙ステーションISS(きぼう)の撮影に成功していたことでした。

D90 最後のISS

偶然にもISSはボクが天体写真を始めるきっかけになった被写体で、「ああ、宇宙を撮るのも楽しいかもなー」って思わせてくれたのです。

この日、ISSが上空を飛ぶことも知らなかったし、飛んでいる間も目を離していて気付かなかったのですが、D90はしっかり捉えていました。

 

ああ、よくやってくれたね。

最初もISS。最後もISS。

ありがとう、D90。


2013-08-13 | Posted in Astro Arts, Blog, Gallery4 Comments » 

コメント4件

 micchi+ | 2013.08.14 12:36

konnyさん、こんにちはぁ♪
カメラだめそうなんですか。
なんかお話を読んでると悲しくなってきて。。。
でも、しっかり宇宙ステーションISSを切り取っていてすごい頑張りましたよね。
お写真、すごくかっこいいです!
カメラって相棒で隣に居なくなるって寂しいですよね。
今までがんばってくれたから
最後は感謝の気持ちを言ってあげたいですよね。

 konnyphoto | 2013.08.14 18:10

micchi+さん
こんにちは。

はい、悲しいですね・・・。
まだ奇跡の生還の可能性はゼロではありませんが、例え2号機と同じように修理不能で帰ってきても、捨てずに取っておこうと思います。

そうですね。カメラは使い込めば心強い相棒になります。最初はどこに何のキーがあるのかさえ覚えられないところから始まり、段々慣れてきて、ブラインドでも思い通りに操作できるようになる。そうやって相棒になっていきますよね。

このD90はたくさんの思い出を共有した相棒です。ボクにとっての初めてのデジタル一眼。
感謝で一杯です!

 にわ | 2013.08.16 12:51

D90はどうなりましたか?
週明けにならないと、連絡はないのかなぁ。

konnyさんは、他にもいくつかカメラをお持ちですか?

修理ができなかったら、どうなさるのか
気になります。

あ、私が遊んでいたのも
葉山マリーナですよ ^^

 konnyphoto | 2013.08.16 15:59

にわさん
こんにちは。

ご心配頂き、ありがとうございます(><) D90はまだメーカーがお休みのため、修理できるかどうかも分からないまま、状況は止まっています。来週から稼働するとのことなので、来週には修理できるかどうか分かると思います。でも、多分・・・。 カメラは色んな経緯があって一眼は3台を使い分けてました。D90は汎用型で常用、EOS kiss X5は天体界では知らない人のいない有名な方にIRカット改造をして頂いた天体専用。αは550で主にマクロ用として使ってました。 D90gが修理できなかったら、手持ちのレンズシステムを考えると、やはり常用機にニコンのAPS-C機を買うと思います。持っているボディが全部APS-Cなのでレンズアダプターでどれも使えますが、AFや絞りが効かなかったりと問題もあるので・・・。 葉山マリーナは私の仕事上の師匠がいる場所なので、よく行きます。師匠の家からの景色が抜群なんです。 波の状況にもよりますが、サーフィンではもっと辻堂寄りの方が多いです^^

Comment





Comment